やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 【特集】福利厚生が充実している調剤薬局 » 調剤薬局のお仕事についてまとめました » 調剤薬局のお給料

調剤薬局のお給料

やくまる君調剤薬局で働く薬剤師のお給料について、他の職場と比べてみたよ。目先のお給料だけで就職先を選ぶのではなく、一生自分が自分らしく働ける職場を選ぶには何が大切かについても、一緒に考えてみよう。

調剤薬局勤務の薬剤師の初任給はどれくらい?

調剤薬局の初任給は就職先によって差があるから、平均的な金額について調べてみたよ。

調剤薬局のお給料1

全体的に薬剤師の初任給が高いのは、人の体内に入れる薬を取り扱う責任があるから。就職先別にみてみると、ドラッグストアの初任給が一番高いね。ドラッグストアは、勤務時間が少しだけ長かったり、利益率の高いOTC医薬品の販売に力を入れるようノルマを設けられている場合があるんだ。

その金額になっているのには理由があるから、額面だけに注目するのではなく、仕事内容についても注目して職場を選ぶと良いよ。

女性の薬剤師が調剤薬局でキャリアアップする方法

女性薬剤師の約半数の人が、出産と子育てを理由に転職しているというデータがあるように、結婚、出産、育児といったライフイベントを抜きに、キャリアアップを考える事はできない気がするんだよね。だから、休職や復帰後の勤務形態や福利厚生はとても大切なんだ。

実際に、子育てをしながら働く薬剤師が一番重要だと感じているポイントは「通勤時間」「勤務場所」みたい。幼稚園や保育園の送迎で忙しい朝夕は、通勤時間がかからないだけでとても時間にゆとりができて、仕事と子育ての両立がしやすいみたいなんだ。

それから、時短勤務など子育てをサポートする福利厚生を使って、しっかり子育てをしつつもキャリアアップを着実に目指していく女性薬剤師も多いよ。

初任給よりも大切なのは「一生働けること」

調剤薬局のお給料2

今や日本は高齢化社会だから、高齢になった時の人生についても少しは考えておかなきゃだよね。

定年後の再就職を希望している薬剤師の先輩たちの話だと、薬剤師って有資格者という面では有利だけど、定年後の再就職となると現役世代の転職に比べてやっぱり狭き門なんだよ。定年後も薬剤師として働き続けたいという希望があるなら、初任給よりも大切なのは「一生働けるかどうか」を考えることだね。

一生働ける職場を見極めるためには、会社の「福利厚生」に注目しよう。今は男性も育児に参加することが多いから、休職や復帰、育児中に勤務形態を変えて活躍できるような制度があると、ライフスタイルの変化があっても、同じ会社で薬剤師の仕事を続けることが可能なんだ。

大手・地域密着型の調剤薬局を、それぞれ福利厚生の充実度で比較してみたよ。あなたのライフプランに合った福利厚生を用意している調剤薬局はどこかな?

福利厚生が充実していて
働きやすい就職先はここ!

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社