やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 【特集】福利厚生が充実している調剤薬局 » 調剤薬局のお仕事についてまとめました » 調剤薬局勤務に向いている人はこんな人

調剤薬局勤務に向いている人はこんな人

調剤薬局に向いている薬剤師さんは、どんな人かな?

色々調べて、調剤薬局に向いている人の特徴を3つにまとめてみたよ。自分は何が得意かとか、何が苦手かなとか、あわせて考えるといいかもしれないね。

ずばり調剤薬局に向いている人の3つのポイントは…

説明上手

調剤薬局で働く薬剤師さんの仕事の中でも、患者さんへの服薬指導は、とっても大事な仕事のひとつなんだよ。だから、薬剤師として薬についての知識を持っているだけじゃなくて、薬のことをわかりやすく説明する必要があるんだよ。だって患者さんは、薬について全くの素人なんだから、患者さんの立場に立って説明してあげなきゃだよね。それに患者さんの中には、病気のことで不安を抱えている人もいるから、お薬の効果も丁寧に説明して不安を和らげてあげなきゃだよ。

コミュニケーションが取れる

患者さんへの丁寧な服薬指導には、コミュニケーション能力も重要だよ。医師からは、病気の説明を聞いたばかりで心細い人もいるだろうし、これからもらうお薬で症状が楽になるのかどうか、すっごく心配していると思うんだよね。そんな雰囲気を察して、患者さんが少しでも心を軽くしてくれるようなコミュニケーションが取れる薬剤師さんて素敵だね。それに、薬剤師さんが転職を考える理由も職場での人間関係が多いみたいだからね、職場での人間関係もコミュニケーションが大切だよ。

責任感が強い

責任感が強いことは、薬剤師として活躍するために欠かせない重要な資質だと言われているんだよ。あと、倫理観もだよ。
人の命と直結する薬を扱うだけに、薬剤師は責任感の強さが求められるんだね。しかも、短時間に多くの薬を調剤するときなんかは、間違えが無いように専門知識はもちろん、細心の注意力と集中力、それに冷静な判断力も必要だといわれているらしいんだよ。とても立派な仕事だよね、患者さんの信頼にこたえられる強い責任感と倫理観のある薬剤師さん。

調剤薬局だからできること

調剤薬局だからこそできる「患者さんとのふれあい」って、薬剤師としてのキャリアアップに、すごく役立つんだよ。だから、ドラッグストアで働いている薬剤師さんのなかには、それが原因で転職したいっていう悩みを抱えている人も多いんだよ。

だって、ドラッグストアの仕事内容は、薬以外の雑務が多くて薬剤師としての仕事が少ないでしょ、だから、せっかく薬剤師になったのに、患者さんとのコミュニケーションを通して薬剤師としてやりがいを感じる機会も少ないし、薬の勉強もなかなかできないんだよ。

薬剤師の職場を比較してみた

調剤薬局やドラッグストアの働き方を比較して見たよ、どんな人材を求めているかも紹介しているから、自分に合っている薬局かどうか、参考になるといいな。気になる店舗に足を運んでみるのもいいよね。

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社