やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 【最新】薬剤師の就職お役立ち情報

【最新】薬剤師の就職
お役立ち情報

やくまる君希望する就職先を見つけたら、どんな準備をしていったらいいのかな?薬剤師さんの就職活動に役立つ情報をまとめているページだよ。

薬剤師の就活を有利に進める5つのポイント

他者に埋もれない履歴書・エントリーシートの書き方

履歴書やエントリーシートは自分の経歴を簡潔にまとめた書類。だからこそ、他の就活生たちの中で埋もれてしまわないように取り組むのが正解だよ。

とはいえ、はじめて履歴書やエントリーシートを書くのだから、わからないことはたくさんあると思うんだ。浮かんでくる素朴な疑問に答えつつ、基本的な書き方のコツを紹介していくよ。

そうそう!両親や親せきが薬剤師をしていて、自分も薬剤師になろうっていう子、結構多いよね?そういう子にぜひ知って欲しいのが、薬剤師を目指す学生の間で昔からささやかれている都市伝説の真実なんだ。「お父さんから〇〇って聞いたから大丈夫」なんて油断はしないようにね。

履歴書・エントリーシートの書き方

相手企業に刺さる志望動機の例

履歴書やエントリーシートの記入欄はもちろん、どんな面接でも必ず聞かれるのが志望動機なんだ。はじめての就職活動で、志望動機の伝え方や答え方に迷ってしまうという人は多いみたいなんだよね。

必ず押さえておきたい志望動機の基本的な答え方と、新卒の今だからこそ使える、他の就活生と差をつけるためのポイントを教えていくね。

それと絶対に避けてほしい、志望動機のNG例にも触れているから、チェックしてほしいな。

相手企業に刺さる志望動機の例

好印象を与える面接対策

まず初めに伝えておきたいのだけど、面接で緊張するのはみんな一緒だから、そんなに心配しないで大丈夫だよ。とくに新卒の面接なんて慣れていなくて当然。そのフレッシュさが武器になるって、ポジティブに考えた方が正解だと思うんだ。

だからといって、面接対策をしないでOKってことではないからね。緊張していても伝えたいコト、アピールしたいコトをしっかり伝えられるようにする。それが面接対策なんだ。対策をしていれば、他の人たちよりも早く落ち着いた受け答えができるようになるっていうメリットもあるよ。

自分が伝えたいことを、どういうふうにアピールするか、一度は文字に書き起こしてみよう。

インターン参加の心得

薬局にしろ、ドラッグストアにしろ、薬剤師として就職をしたいという人は、インターンシップにも注目しておこう。

たとえ短期間でも、就職を希望する職種に近い場所でお仕事をしていれば、業務へのより深い理解に繋がるからね。将来こんな人になりたいと思えるキャリアターゲットと出会える可能性もあるよ。

こういう経験は、エントリーシートや面接の自己PR・志望動機の肉付けとして使えるんだ。説得力のある具体的なアピールをすることで、内定へ一歩近づけるかも!?

すでに狙っている薬局やドラッグストアがあるのならば、その企業がインターン募集をしていないか、常にチェックしておいたほうがいいね。インターン経験者を優先して採用するところも少なくないってことは覚えておこう。

忘れてはいけない国家試験対策

薬学部の学生さんにとって、薬剤師の国家試験対策は何よりも重要だよね。しかも6年次は国家試験以外にも、卒業研究、卒業試験、それに就職活動も加わるんだから、すごく大変。

薬剤師の国家試験なんて受験すれば受かる…というのはもう過去の話。就職先は決まったのに、薬剤師になれなかったから内定を取り消すなんてことにならないように、しっかりスケジュール立てていこうね。

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社