やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 【最新】薬剤師の就職お役立ち情報 » 面接対策

面接対策

就職活動では避けて通れない面接だけど、事前にしっかりと対策をしていけば落ち着いて答えることができるから心配しないでね。じゃあ、薬剤師の面接についての対策を紹介するからね。

薬剤師の面接対策について、面接へ行く前に事前にチェックすべきことを紹介しているページだよ。薬剤師の採用面接って、ある程度は質問される内容も決まっていることが多いから、憶えておくと役に立つかもしれないね。

薬剤師の面接へ行く前に事前チェックすべきこと

服装や化粧はモラルに反してないか

基本的な面接時の服装は、薬剤師も一般職も変わらないんだよ。シンプルなスーツを着用するのが一番理想的だけど、具体的には、男女ともにブラックやグレー、ネイビーなどの落ち着いたカラーのスーツが多いよね。シャツは白がいいよ。
それから、清潔感はとても大事なポイントだからスーツだけじゃなく髪型や靴、カバンもきちんとしてものにしてね。髪が長い女性は束ねておく方が好印象だし、メイクは控えめにしたほうが好印象なんだよ。

志望動機は具体的か

面接は自分の想いをわかりやすく伝えるのが大切なんだけど、自己PRばかりしようとせずに、基本的には質問内容を落ち着いて聞いて理解することに集中しようね。質問の意図をしっかり理解したら、どう答えるのか、それから論理的に話す練習をしておくことも大切だね。
それからもう一つ、志望動機を聞かれたときには、具体的な志望動機を用意しておこうね。例えば「専門的な薬剤師になりたいと思います」だと抽象的だけど「患者さんの質問にわかりやすく答えられる薬剤師を目指します」のほうが、目標がわかりやすいでしょ。

なぜ調剤薬局か、なぜドラッグストアなのか

調剤薬局じゃなくても、一般企業を含めて、どんな面接でも聞かれるのが志望動機なんだね。だから、調剤薬局のホームページがあれば事前に調べたりしておくのがいいんだよ。そのなかから、薬局の特色に沿った志望動機をこたえられるようにしておけばいいんだよ。たくさんある求人の中で、なぜ、そを志望したのか理由があるでしょ、それを志望動機に盛り込むんだよ。あとは、しっかり練習しておけばスムーズに答えられるよね。

薬剤師の面接で落ちる人の特徴

聞かれていないことを答える

あれもこれもと自己PRしたい気持ちはわかるんだよね。でもマイナス印象になるんだよ。基本的には聞かれたことに答えるのがベストだね。

受け売りの答え方

やる気満々なのはいいけど、本に書いてある志望動機を丸暗記しても面接官は同じようなことを言う人を何人も見ているから印象に残らないだろうね。ちゃんと自分を見つめなおして自分で考えた志望動機を自信を持って答えてほしいよね。

下調べしていない

リサーチ無しで面接を受けに行くなんて人いるのかな?それじゃあ面接で落ちてしまっても仕方ないよね。だって面接する薬局のことを何も知らないで、質問に答えられるはずがないよね。でも勘違いやミスもあるだろうから、慎重に下調べしたほうがいいよ。

薬剤師の面接はしっかり準備をしておこう!

面接で緊張するのは当たり前。初めての面接で緊張しない人のほうが珍しいんだよ。
だけどしっかり面接対策をしておけば安心できるし、自信をもって落ち着いて面接できるようになるんだよ。

まずはHPなどを見て、応募先がどんなことに入れているのか、どんな強みを持っているのかを調べてから、志望動機を伝えるために必要な事を探すことから始めるといいよね。

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社