やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 薬剤師のお仕事についてまとめました » 薬剤師の将来性について

薬剤師の将来性について

やくまる君今後、薬剤師が生き残るためにどのようなことが重要になってくるのか、薬剤師の「将来性」について調べてみたよ。薬剤師として長く働いていきたいのであれば、少しでも将来性のある就職先を選ぶようにしよう。

薬剤師業界の全体的な将来性について

お薬手帳

薬剤師資格の保有者は飽和状態なのを知っているかな。2017年に卒業した薬剤師は9,479人。でも、実際に新卒採用されたのは約4,000人(2017年現在)なんだって!数字だけ見ると、薬剤師資格を持っているのに薬剤師にならなかった就活生が約5,000人もいることがわかるよね。

それでも薬剤師は人手不足と言われていて、地域によっては薬剤師の需要と供給のバランスがとれていないんだ。育児休暇など、特別休暇中で実際には働いていない薬剤師も沢山いるみたい。数字の上では飽和状態の薬剤師も、実際には人手不足が深刻な問題になっているんだね。

薬剤師が今後生き残っていくために求められるスキル

相談に乗るためのスキル(コミュニケーション能力・薬剤への知識)

これから薬剤師として活躍していくためには、薬の専門家としてのスキルアップも必要だけど、コミュニケーション能力が重要になるよ。

「医療チームとの連携能力」や「患者さんの目線に立つ姿勢」が問われることになるから、就職先を選ぶ際にはなるべくコミュニケーションをとる機会が多い環境が自分のためになるはず。

健康食品やOTC医薬品に関するスキル

最近、セルフメディケーションという言葉をよく耳にしないかな?自分自身で健康を管理していく、患者さんのセルフメディケーションをサポートするために、今後重要視されるのが「かかりつけ薬剤師」だよ。

かかりつけ薬剤師を目指すなら、日常生活をサポートする健康食品やOTC医薬品に関する知識は外せないね。今までは健康食品に関する知識について二の次だった薬剤師さんも多いと思うけど、これからはきちんと勉強したほうが良いみたい。

在宅医療で役に立つスキル

医療機関と連携を取りつつ行われる在宅医療の現場では、医療機器など環境が整っていない状況で対応する必要があるよ。そのために経験を通じて、コミュニケーション能力や判断力もスキルとして求められているんだ。

生き残るための「かかりつけ薬剤師」になるなら調剤薬局がベスト

生き残るための「かかりつけ薬剤師」になるなら、どうして調剤薬局で働くのがいいのかな?

調剤薬局であれば、「かかりつけ薬剤師」に一番必要とされるコミュニケーション能力と、在宅医療で必要なスキルを自然と身に着けることができるんだ。

薬剤師として経験を積んでいくなら、将来性のある調剤薬局を選んだ方が、薬剤師としての付加価値がついてどんな就職先でも活躍することができるよ。

薬剤師の就職先として最も選ばれている「調剤薬局」と「ドラッグストア」を比較したから、福利厚生やお給料など違いを詳しく見ていこう。

調剤薬局とドラッグストア
働きやすさをデータで比較しました
就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社