やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 薬剤師のお仕事についてまとめました » 薬剤師の研修ってどんなもの?

薬剤師の研修ってどんなもの?

年々、需要が高まってきている薬剤師。調剤薬局をはじめ、病院やドラッグストアでは、できるだけ長く働けるように、また新たに薬剤師として働くスタッフがスムーズに仕事に入れるように、また人材育成の観点からも様々な研修を行っています。薬剤師としてスキルアップするためには、この研修が重要だと言っても過言ではありません。

そこで今回は、調剤薬局やドラッグストア、病院などで行っている薬剤師の研修にはどのようなものがあるのかをまとめてご紹介。職場選びの時に参考になるので、ぜひ確認してみてください。

薬剤師の研修の種類

新人研修

薬剤師としてスタートを切ったばかりの人を対象とした研修がこちらの新人研修。これは、薬剤師に限らず、初めて社会に出る人は必ず受ける研修です。新人研修も大きく分けて、ビジネスマナー研修、薬剤師基礎研修(初期研修)、OJT(現場研修)に分けられることが多いようです。それぞれの研修について見ていきましょう。

ビジネスマナー研修

こちらの研修は、薬剤師としてではなく、1人の社会人として最低限、身につけておくべきスキルを学ぶ研修です。言葉遣いや身だしなみ、電話対応、名刺交換、接遇マナーなどを学習。中には、社会人になることについて、グループディスカッションを行う企業もあるようです。

薬剤師基礎研修(初期研修)

ビジネスマナー研修と異なり、薬剤師という職業に特化した新人研修となります。実際に業務で使用する薬品の知識の習得や患者への服薬指導方法の習得、薬品調合の方法、処方せん監査、在庫管理といった実務的なことに加え、保険薬局を取り巻く環境などについても学びます。自社で行っている調剤現場を見学に行くところもあるようです。

OJT(現場研修)

基礎研修で学んだ知識を元に、実際の業務を行う研修。On-the-Job Trainingを略してこのように呼ばれています。教育担当のスタッフに付いて、やってきた患者への対応や調剤業務、薬剤の管理業務などを行います。企業や薬局によってマンツーマン指導だったり、複数人まとめて指導したり様々。研修期間も1ヶ月~3か月と違いがあるようです。

スキルアップ研修

入社2年目になるとさらなるスキルアップのために、様々な研修が用意されています。新しく採用する薬品が増える場合は、情報共有を行うための研修を実施。大規模な企業の場合は、本社に集まることはなく、各店レベルで製薬メーカーの学術担当者を招き行われることが多いようです。

また、2年に一度、改正される医療制度が変更になるため、これに対する研修を実施。この他では、医師による臨床薬学研修や社外研修などを行うこともあります。

キャリアアップ研修

管理薬剤師や薬局長といったキャリアアップを図る人を対象とした研修です。薬剤師としてのスキルはもちろん、店舗のマネジメントスキルや部下育成のスキルなどを磨きます。

復職者向けの研修

薬剤師は、女性が活躍しやすい職業なので、中には出産・子育てを経て再度、薬剤師として頑張ろうという人も数多くいます。しかし、休んでいる間も医療技術はどんどん進歩し、取り扱っている薬の種類もどんどん増加。これらに対応するために、復職者を対象とした研修を行っている企業も少なくありません。

ただし、全ての病院や薬局、ドラッグストアで研修があるわけではありません。また、求人票に「研修あり」との記載があっても、1日程度で終わる名ばかりの研修を行っているところもあれば、3か月ほどじっくりと教えてもらえるところもあります。ですので、復職する職場を選ぶ時は、研修の有無やその内容をしっかり確認しておくことが重要です。

日本薬剤師研修センターでの研修

企業や薬局が独自に行う研修だけでなく、公的な機関が実施する研修もあります。その1つが、薬剤師の生涯学習を支援し推進する、公益財団法人「日本薬剤師研修センター」での研修です。この研修センターは、薬剤師の資質向上などを目的に1989年、厚生省薬務局の認可のもと設立。現在は、公益財団法人へと移行しています。こちらでは、薬剤師の生涯研修に資するため、カリキュラムの策定、指導要領の作成、教材等提供事業、及び各種研修機会の提供・協賛などを実施しています。

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社