やくまる君とひぃ・ふぅ・みぃの薬剤師向け・賢い就活のススメ » 【その他】薬剤師の就職先一覧 » 企業

企業

やくまる君薬剤師の就職先の一つである「企業」について、仕事内容やメリット・デメリットについて調べてみたよ。企業で働く薬剤師は、毎日どんなお仕事をしているのかな?

企業へ就職する薬剤師はどれくらいいるの?

企業の薬剤師

2017年の就活動向調査※のデータによると、9.1%の人が就職先として企業を選んでいるんだね。具体的に、医薬品関係のメーカーや化粧品メーカーなどへ就職しているみたいなんだ。

研究・開発部門に就職すると、新しい薬や商品の開発に携わることができるんだよ。あとは、MR(製薬会社の医薬情報担当者)や新薬の承認申請をする薬事申請の業務とか、薬剤師の仕事は沢山あるんだね。

※参照元:「薬系学科」平成29年3月卒業者の就職動向調査(旺文社 教育情報センター)(http://eic.obunsha.co.jp/pdf/educational_info/2017/1110_1.pdf

企業で薬剤師が働くメリット・デメリット

企業で働くメリット

土日がお休み

平日は残業になることもあるけど、カレンダー通りに働けるのは嬉しいよね。企業勤務であれば、夏期の連休や年末年始の長期連休を取ることもできるみたいだよ。

福利厚生が整備されている

イメージアップを重視する傾向にある企業は、福利厚生が充実しているケースが多いんだ。

ドラッグストアよりも給与が高い

平均年収はドラッグストアよりも高いんだよ。お給料を重視したいという人にはぴったりだね。

企業で働くデメリット

転勤や出張が多い

職種によっては、転勤や出張が多い可能性があるよ。結婚したとき、家族が増えたときなど、ライフイベントをしっかり考えてから就職先を選ぼうね。

求人が少ないので倍率は高い

求人が極めて少なく、他の職種に比べて企業への就職は難しくなっているよ。

企業で働く薬剤師の一日

化粧品メーカー(開発部)で働く薬剤師の、ある一日のスケジュールを例としてあげるね。

  1. 【8:45】出社…メールチェックをして今日のスケジュールを確認。
  2. 【9:00】会議1…出来上がったばかりの化粧品サンプルと資料をもって会議へ。
  3. 【13:00】会議2…要望に沿えるよう様々なアイディアを出すことを求められる。
  4. 【16:00】書類作成…会議の内容を整理し、企画部門や販促部門と共有できるようにする。
  5. 【17:30】営業部と開発部との相談…得意先から要望があった点について、今後どのように進めるか相談。
  6. 【19:00】退社

企業に勤める薬剤師の平均的な月収は?

年代 20代
学士 22.6万円
修士 25万円
博士 28.3万円

薬剤師として学んできたことを活かせる場として、企業への就職は魅力的だけど、利益を追求して成果を上げることが第一に求められているよ。

実際に企業に勤める薬剤師に労働環境について話を聞いてみると、職種によっては平日の残業や出張があって、とにかく忙しいみたいだね。場合によっては転勤の可能性もあるみたい。

企業よりも薬剤師に選ばれている就職先は…?※

企業薬剤師の求人は、ドラッグストアや調剤薬局に比べると、とても数が少なくなっているよ。

平均は500~600万円といわれる年収は、スキルや経験に大きく左右されるから、未経験であれば300万円台ということもあるみたい。就職先選びは慎重に行おう。

就活生に最も選ばれている就職先である「調剤薬局」「ドラッグストア」について、様々な条件で比較してみたよ。比べてみると、なぜ就活生に最も選ばれているのかの理由が見えてきたんだ。ぜひ、就職先選びの参考にしてほしいな。

※参照元:「薬系学科」平成29年3月卒業者の就職動向調査(旺文社 教育情報センター)(http://eic.obunsha.co.jp/pdf/educational_info/2017/1110_1.pdf

調剤薬局とドラッグストア
働きやすさをデータで比較しました

就活生に知ってほしい

調剤薬局ドラッグストア
おすすめ3社